パート薬剤師求人で高収入を得るには?



薬剤師は、元々給与が高いといわれている職業の中の1つです。しかし、最近は必ずしもそうとは言い切れなくなってきています。いくつかの理由がありますが、そのような中でも、パート薬剤師求人で高収入を得るためにはどうしたら良いのか、代表的な方法を2つご紹介していくことにしましょう。

まず、1つ目は、都市部には多くの薬剤師が集まり過ぎているため、地方都市で働くということです。 利便性などを考えると、誰でも都会で暮らしたいと考えるものですが、そうなってしまうと、どうしても人が集まり過ぎてしまいます。そのため、地方都市では薬剤師が慢性的に不足するということが起きているのです。

また、多くの薬剤師が集まっている病院などでは、人件費を抑えるために給与額が低くなってしまうものです。その証拠に、薬剤師の給与額に関する全国的な統計を確認すると、地方都市の給与の方が、都市部よりも年収で約100万円近く高いことが分かっています。 ですから、高収入を得たいということであれば、都心部ではなく地方都市で働いた方が良いといえるのです。

2つ目は、国が在宅医療を進めているため、特に人出が不足している地方都市で在宅医療に携わるということです。 在宅医療に関しては、都市部でも積極的に進められていますが、地方都市の方がより急速に在宅医療が取り入れられています。

これは、地方都市の方が、病院や高齢者施設の件数が少ないことが関係していますが、在宅医療の現場で必ず必要となってくるのが薬剤師です。 在宅医療では、多くの患者さんが薬剤を使用しているため、どうしても薬剤師が必要となってくるのです。

とはいえ、募集を掛けても、なかなか薬剤師が集まらないというのが現状だといえるでしょう。そのため、地方都市では、高収入・厚待遇で薬剤師を募集しているのです。 このように、薬剤師が高収入を得るためには、新たな資格を取得するなどスキルアップをするだけが方法ではなく、地方都市で働くということも1つの選択肢であるといえるでしょう。

調剤薬剤師から病院薬剤師への転職が困難な理由

薬剤師の転職では、同じ業務内容の求人で別会社へ転職するケースだけでなく、別業種への転職も考えられ、「調剤薬剤師をしていたが病院薬剤師に転職したい」というケースもそのひとつです。

しかし調剤薬剤師から病院薬剤師への転職は、かなり難易度が高いものとなっています。どうして困難なのかといえば、病院薬剤師求人はほとんどの場合新卒のみを対象としていて、既卒者・転職者は応募もできないことが多いためです。

薬剤師のさまざまな勤務先の中でも、病院薬剤師は人気の高い業種であり、かつその求人数自体それほど多くありません。 そもそもそのように狭き門であるうえ、特に人気の高い国公立病院や大学病院、大きな総合病院での薬剤師求人は、その大半が新卒採用です。なかには卒業大学まで限定されているところもあります。

既卒者・転職者が応募できる病院薬剤師の求人は皆無というわけではなく、近年少しずつ増加傾向にあるものの、その絶対数は低いものにとどまっています。 では、調剤薬剤師よりも給与条件の良くない病院薬剤師がどうしてこれだけ人気があり、転職希望者もいるのかを見てみましょう。

病院薬剤師の魅力は、「臨床・医療現場への近さ」「専門性が高くスキルアップが望めること」にあります。調剤薬局やドラッグストアでは処方箋のみを扱い、患者のカルテを見たり治療過程に関わることはありません。

しかし病院で調剤業務を行う場合には、医師から患者の病状について説明を受ける機会があったり、より臨床に近い立場で患者への服薬指導ができ、治療過程に関わることが可能です。 また注射製剤など病院でなければ扱わない薬剤があり、調剤薬局では培えない知識やスキルを身につけることができます。

こういったメリットに惹かれて、お給料はより安くても病院薬剤師を志す方は薬学部生にも多く、求人倍率が高くなるとともに、既卒者や転職者が求められる枠は少なくなっているのです。 調剤薬剤師が病院薬剤師へと転職するのは、このような現状である日本の薬剤業界では困難なことです。

それでも「どうしても目指したい」という強い動機を持つ方もいると思います。 その場合、非公開求人を豊富に扱う薬剤師専門の転職支援サイトを利用して、数少ない病院薬剤師の求人情報をタイムリーに得られるように備えておき、貴重なチャンスを逃さないことが肝心です。

20代の薬剤師、転職するならココに注意

薬剤師求人が多いのは、転職者が多くその分求人が絶えないということでもあります。転職者の中には、まだ新卒で働き始めて間もない20代の薬剤師も含まれています。 まだまだ吸収力・成長力が高いと捉えられる20代の人材は、転職しやすいとも言えますが、薬剤師の20代での転職を成功させるための注意点は、しっかりと押さえておきたいですね。

まず転職を考える理由を整理してみてください。もし職場環境として「いじめられている」「仕事をやらせてもらえない」「教えてもらえない」「聞いていた勤務条件と違う」といった理由であれば、まずは上司や人事担当者に相談してみる必要があります。

相談によって改善されれば、転職をする必要がなくなりますが、もしも状況が変えられなければ、職場を変えることによって問題解決することを検討します。

次に、転職活動を始める前に「転職に希望するもの」を明確にしておくことが大切です。

勤務形態に問題があるなら、正社員でなく派遣薬剤師に転職したり、年収アップを目指すにも同業種でより良い条件の求人を探すのか、調剤薬剤師から企業薬剤師などへ業種を変更するのかによって、優先する条件が変わってきます。

スキルアップのための転職なら、資格取得を推奨する職場を選んだり、より高い職位での求人を選ぶ、スキルアップ可能な業種に変える、といった方法が挙げられます。

ただ職場を変えただけでは、問題が解決するどころか、前職よりも条件が悪くなることもありえます。自分の優先する条件、それに合った業種・雇用形態などを考えておけば、より希望に近い求人先を見つけやすくなります。

転職理由を明確にしておくことは、履歴書や面接において、採用担当者にプラス印象を持ってもらうためにも重要です。 初めての転職であり、まだ薬剤師業界の経験も浅いために、活動の進め方に戸惑う方も多いでしょう。そんな時には、薬剤師専門の転職支援サイトが頼りになります。

転職支援サイトに無料登録すると、薬剤師業界に詳しい専任コンサルタントがつき、条件にあった求人情報を紹介してもらえます。 さらに履歴書記入のコツや面接のアドバイスを教えてもらったり、条件交渉の代行や、求人先の職場環境を教えてもらうことも可能です。

転職先は、薬局やドラッグストア、病院の他にも、製薬会社、在宅医療現場なども考えられますが、業界の特徴として、どの職場でどのぐらい勤務したのかによって、同じ薬剤師でも年収にかなりの差が出てくるという現実があります。これを踏まえ、自身のキャリアプランもしっかりと考えておくことが大切です。

20代の転職においても、ある程度勤続でき、しっかりステップアップできる求人先を探せるように、支援サイトを活用してみてください。

ページの先頭へ