職種による薬剤師の年収の違い

近年、薬剤師の活躍の場は多様化してきていますが、職種によってどの程度、年収に違いが出てくるのでしょうか?ここでは、薬剤師の職種ごとの年収や昇給の違いなどについてご紹介していきたいと思います。

まずは、薬剤師の多くが勤める薬局・ドラッグストアについてです。詳しい給与額についてご紹介する前に、調剤薬局とドラッグストアの給与面の違いを明確にしていきましょう。給与面に関してみてみると、ドラッグストアの方が、大手企業が運営している分、年収・福利厚生の面で調剤薬局よりも優遇されているという面があります。

一方で、調剤薬局の場合は小規模~中堅クラスの年収が比較的高く、特に地方の薬剤師が不足している地域で高収入が見込めるという特徴があります。

具体的な数字を見ていくと、調剤薬局の場合は、初年度の年収が350万円程度、平均年収は550万円程度とされています。対して、ドラッグストアは初年度で400万円を超える事が多く、最終的には600万円を超えるケースも多いようです。

次に、病院勤務の薬剤師の給与ですが、初年度の年収は大体280~300万円程度となっています。しかし、大病院の薬剤師の場合は夜勤・当直があり、その分の手当てが大体、年30~50万円程度加算される事があります。

また、勤続年数が長くなり「薬剤部長」「薬局長」といった役職がつくと、年収が600万円以上となるケースも目立ちます。 なお、公立・国立の大病院の場合は、堅実に勤続年数を重ねていく事が出来れば、最終的に800万円程度の年収を得る事も可能です。

最後に、製薬メーカーに勤務した場合を見ていきましょう。製薬企業に就職した場合の初任給は、一般病院や薬局とそれ程変わらず、年収300万円くらいからのスタートとなります。しかし、他の職種と異なり実力主義・成果主義の企業がほとんどのため、実績を積み重ねることで昇給・昇進し、中には年収1000万円を超えるような方も見受けられます。

ただし、製薬企業の給与は良くも悪くも実力に比例するため、ただ単に勤続年数を続けているだけでは、年収500万円にも届かないという事も、十分考えられます。

ページの先頭へ