薬剤師が面接時に気をつけたい事

1つの勤務先で長く勤める人もいますが、多くの薬剤師は何らかの理由で転職します。様々な理由から転職するわけですが、その後、就職活動をしていく上で、面接時に気をつけておきたいことがあるといえるでしょう。 それじゃなくても、薬剤師の数が増え続けていることから、年々就職が難しくなってきているといわれていますし、好条件で募集が出されている薬局などには、多くの人が応募してきます。

そのような高倍率の中で就職していくためには、面接時に自分をアピールしていかなくてはなりません。 ただし、その時にアピール方法を間違えてしまうと、面接官に悪い印象を与えるだけではなく、なかなか仕事が決まらないということが起きてきます。 それでは、中でも特に気をつけておきたいポイントについて、ご紹介していくことにしましょう。

よくある話しとしては、前の職場であった不満や、環境が悪かった為に自分の力を発揮することができなかったということを、面接時に話してしまうということです。 常に努力を続け、スキルアップしてきた人に、稀に見られるケースではありますが、面接時の印象としては好ましくはない人材として評価されてしまうケースだといえます。 また、様々な条件や都合ばかりを伝えてしまうもの、採用されない原因の1つとなりそうです。

では、どうしたら良いのかといいますと、やはり一緒に働いてみたいと思われるような受け答えをするよう、心掛けることが重要となってくるといえます。例えば、前向きな返答をすることで、やる気があることをアピールしたり、退職を決めた理由を述べる際も、致し方ない理由のみを伝えるようにした方が良いでしょう。

給料が下がったことや、勤務時間が長すぎたことなど、面接官が聞いても致し方ないと捉えられる理由であれば、悪い印象を与えることはありません。 また、面接の際の受け答えに自信がない場合は、薬剤師の求人を専門的に扱っている専用サイトを利用してみると良いでしょう。コンサルタントが在籍していますので、面接の練習だけではなく、自分に一番適しているアピール方法などを、アドバイスしてもらうことが可能です。

ページの先頭へ